髭の剃り方-シェービングのコツ【男性編】

新しい一日の始まりは、何かすばらしいことを始めるのに最適な時間。

次のヒントを読んで、髭の剃り方について学んでください。

髭剃りが初めての方でも長年の経験をお持ちの方でも、よりスムーズで快適な髭剃りのためのヒントが見つかります。髭を剃る、ただそれだけのこと。

しかも毎日することなのに、正しい剃り方はあまり知られていません。

そこで、ジレットは世の中の男性たちのために、髭の剃り方を8つのシンプルなステップにまとめました。

①湿らせる

①湿らせる

まず湿らせることで、髭剃り中の切り傷などやひりつき感を最小限に抑えます。

シャワーの直後、またはシャワー中に髭を剃ることをお勧めします。

水分を含むと毛が軟らかくなるため、カミソリの滑りが良くなります。

スクラブや洗顔料で皮脂や汚れ、角質を落とし、快適なシェービングをする準備を整えます。

②シェービングクリームを塗る

②シェービングクリームを塗る

シェービングジェルまたはフォームを塗ります。

しっかりと泡立てて、それを全体に広げて髭を湿らせます。カミソリの滑りが良くなり、髭剃り中のカミソリ負けなど、肌のひりつきも防げます。

③刃の切れ味をチェックする

③刃の切れ味をチェックする

スムーサーをチェックし、摩耗したり古くなったりしていないか調べます。

シェービング中に刃の切れ味が悪いと感じるようであれば、新しいカートリッジに交換する時期が近いと判断して良いでしょう。

④軽く、優しくストロークする

④軽く、優しくストロークする

軽く、優しくストロークして、カミソリに任せて髭を剃りましょう。

ジレットフュージョン5+1プロシールドには、フェイスラインに沿って動くフレックスボールが採用されています。

⑤刃を頻繁にすすぐ

⑤刃を頻繁にすすぐ

刃を頻繁にすすぎましょう。シェービングクリームを使用せずに剃ったり、同じ場所を剃り過ぎたりすると、肌のひりつきの原因になるので注意が必要です。

カミソリを洗面台にコツコツと当てて水気を切る行為は、精密に作られているカミソリのパーツに損傷を与え剃り心地を損ねる可能性があります。

⑥順剃りと逆剃りの両方で剃る

⑥順剃りと逆剃りの両方で剃る

順剃りと逆剃りでは、どちらがよいのでしょうか? 答えは「両方」です。髭の生える方向はさまざまです。

日々のシェービングでは、その時々で順剃りにしたり逆剃りにしたりと、方向を変えて剃っていることでしょう。

最も快適に感じる方向に剃るようにしましょう。プロシールドのような高性能な複数刃のカミソリを使えば、逆剃りでも快適に剃ることができます。

⑦ピンポイントトリマーで整える

⑦ピンポイントトリマーで整える

フュージョン5+1の裏側に装備されたピンポイントトリマーで、鼻の下など剃りにくい場所を剃り、もみ上げを整えます。

⑧保湿剤またはアフターシェーブをつける

⑧保湿剤またはアフターシェーブをつける

冷たい水で顔を洗い流し、パッティングで肌を乾かします。

保湿効果のあるアフターシェーブを塗ります。アフターシェーブは、肌に水分を補給し、肌を落ち着かせる効果があります。

引用:https://gillette.jp/ja-jp/shaving-tips/how-to-shave/how-to-shave-your-face

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です