ヒト幹細胞と再生医療の関係って?

そこでアンチエイジング成分を配合した化粧品が多く生み出されていますが、ここ最近、年齢肌にお悩みの年代から大注目されているのが「幹細胞コスメ」

とはいえまだまだ「『幹細胞』ってすごそうだけど、一体なに?効果は?」という疑問と不安の声が聞かれることも少なくありません。

ここでは、ヒト幹細胞とは?についてと再生医療との関係についてご紹介します。

ヒト幹細胞とは?働きは?

ヒト幹細胞とは?働きは?

人間をはじめ生物の身体は小さな細胞が集まることで構成されています。ヒトの身体で言えば、全身の細胞の数はおよそ60兆個と言われており、それらは200種類以上にも分かれて「表皮」「赤血球」「眼球」「心臓」「腸」など多くの特定の組織や臓器を作っているのです。

しかしこれらの細胞は生きている限り、常に絶えず入れ替わりを続けています。そのためもしも古い細胞が壊れたり死んでしまったりした後に、新しい細胞と入れ替わることが出来なければ、その臓器は壊れたままで放置され、生命の危機に陥ってしまいます。

そこで必要不可欠なのが「幹細胞」です。幹細胞は欠けてしまった細胞を補うために、代わりとなる新しい細胞を再生する働きがあるのです。

より厳密に幹細胞の機能を分けて見ると、

・様々な種類の細胞を作り出す機能(=分化能)
・自らと同じ機能を持った細胞を複製することができる機能(=自己複製能)

という2つの機能が幹細胞にはあります。

ヒト幹細胞と再生医療の関係って?

ヒト幹細胞と再生医療の関係って?

さらに幹細胞は、2種類に分けることができます。

1つ目は、特定の組織・臓器に存在して欠けてしまった細胞の代わりの細胞を再生する幹細胞(=組織幹細胞)。

「特定の」ということは、たとえば「この組織幹細胞は血液系の細胞だけを再生する」という様に再生できる細胞の種類が決まっており、「血液系の組織幹細胞」が「腸」の細胞の再生を行うことはできません。

2つ目は、特定ではなく、どの場所の細胞でも再生することができる幹細胞(=多能性幹細胞)です。

この多能性幹細胞は組織幹細胞さえも作ることができる万能の幹細胞。2012年にノーベル生理学・医学賞に選ばれた「iPS細胞」もまた、人工的な多能性幹細胞のひとつなのです。

このようになんらかの原因によって失われた細胞を、細胞再生能力のある幹細胞を使って再生させる「再生医療」の可能性を探る研究が日夜行われています。

ヒト幹細胞コスメにヒト幹細胞は入っていない!?

ヒト幹細胞コスメにヒト幹細胞は入っていない!?

では「ヒト幹細胞コスメ」にもまた、上述の幹細胞が配合されているのでしょうか?――その答えは「いいえ」です。

正しくは「ヒト幹細胞コスメ」と呼ばれる化粧品は、幹細胞そのものではなく、「幹細胞培養液(抽出エキス)」が配合されているという意味なのです。

もしも幹細胞そのものが配合されていれば、アレルギー反応などの拒絶反応が起きる可能生が高いため、そもそも化粧品への配合認可はおりていません。また細胞自体を塗布したところで、肌奥にまでは浸透しないため、美容効果もまったく期待できません。

そこでお肌のハリ・弾力、シミ・シワ予防改善などエイジングケア目的の化粧品に配合されるのは、この幹細胞を培養して得られる「幹細胞培養液(抽出エキス)」なのです。

ヒト幹細胞コスメに含まれる美肌成分とは

ヒト幹細胞コスメに含まれる美肌成分とは
では細胞を再生する幹細胞そのものではなく「幹細胞培養液」「幹細胞エキス」を配合している幹細胞コスメには、どのような美容効果が期待出来るのでしょうか。

実は幹細胞エキスには、幹細胞培養時にできる

・様々な成長因子(グロースファクター、GF)
※グロースファクター例)
①EGF…線維芽細胞(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸など真皮の成分を作り出す細胞)の増殖を促進させる。
②FGF…コラーゲン、ヒアルロン酸などを増殖させる。

・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・アミノ酸
・その他多様なタンパク質

などの美肌・保湿成分が豊富に含まれており、これらが複合的に肌に働きかけることで衰えた肌を活性化させ、潤いのあるハリツヤ透明肌に導く、とされているのです

引用元:https://andb.life/10043