ヒト幹細胞化粧品って?セレブが使ってる理由とは!?

近年、各国のセレブや著名人の間で話題となっているヒト幹細胞化粧品です。

各メディアを通してその名前を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

ヒト幹細胞化粧品は、これまでの化粧品とは違い、肌自体の機能が高めることが可能とされている画期的な商品です。

そのブームは留まることを知らず、すでに米国では数億を売り上げる経済効果を生み出しています。

しかし、数年前から世間に出回った商品であるため
「ヒト幹細胞化粧品って何?」
「そもそもヒト幹細胞って?」
という疑問を持つ方も少なくありません。

そこで今回はヒト幹細胞化粧品に使われているヒト幹細胞とはどういうものなのか、また、ヒト幹細胞化粧品のメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。→ヒト幹細胞化粧品おすすめ5選!高い物がいいとは限らない?

ヒト幹細胞とは?

ヒト幹細胞とはヒトの中に存在する“自己複製“と”分化“機能の特性を併せ持つ幹細胞の事です。

この特性はヒトの体において再生や修復効果として表れるため、医療分野そして近頃では美容分野での活用が行われています。

そんなヒト幹細胞ですが、基本的には細かい審査をクリアしたドナーから採取されその後、培養しその分泌エキスがヒト幹細胞培養液として様々な薬品や商品に用いられます。

このヒト幹細胞培養液をヒト幹細胞化粧品に使用する場合、安全性を考慮して作られており、人間の体内にある300以上の細胞活性化因子(HGH、FGF、IGF、EGFなど)やヒアルロンサンやコラーゲンなど美容に良いとされる要素が多数含まれています。

そのため、ヒト幹細胞化粧品による美容効果の期待値は他美容商品よりも比較的高めです。

実際の臨床試験ではシワの解消、美白、コラーゲン増幅効果などが既に確認済みでなおかつ加齢で衰えてしまった肌のハリやツヤの回復、ターンオーバー異常の改善効果などもあるとされています。

また、ヒト幹細胞には前述したように膨大な数の活性因子が含まれているため一時的な効果だけではなく、細胞活性化や体質変化による肌自体の若返りも期待出来ます。

このようにヒト幹細胞培養液にはこれまで実現不可能だった細胞レベルの美容効果が望める可能性が高いためこれらを使用したヒト幹細胞化粧品でも同等の効果・効能が得られると見られています。

ヒト幹細胞化粧品のメリット・デメリットは?

前項ではヒト幹細胞及びヒト幹細胞液について詳しく触れました。

実際、ヒト幹細胞化粧品には従来の化粧品と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

多数の口コミ意見や専門家意見を参考にして下記にまとめてみました。

ヒト幹細胞化粧品のメリット

ヒト幹細胞化粧品のメリットはなんといっても肌自体の機能を高める美容効果が望めることです。

ヒト幹細胞化粧品を使用することによって繊維芽細胞を生成しエラスチンやコラーゲンなど美しい肌を作りあげる要素を構築します。

弾力を無くした肌にハリと潤いを与えくすみやシワ、シミなど肌機能の低下による症状が改善出来ます。

年齢を重ねていくにつれて諦めがちになるほうれい線についても予防出来るため加齢によって起こる症状の対策としても有効です。

実際にヒト幹細胞化粧品を使用した人の口コミには

  • 肌に自信がなかったのにヒト幹細胞化粧品を使ったら、ノーメイクで出勤出来るほど肌に自信がついた
  • 目に見える形での美白効果が得られた
  • 肌質が変わり、化粧のノリも良くなった
  • ほうれい線が目立たなくなった

というような、効能面を評価する声が多数見られます。

従来の美容品よりも大幅な美容効果が期待出来る!

これまでの化粧品にも美容効果をもたらすものは確かにあります。

しかし、肌質に直接効果を与える商品はほぼ無いに等しい状態でした。

特に肌の硬質化によるシワ、シミは美容化粧品でも改善していく事が難しく現状維持が精一杯で、シワ、シミを取り除きたくて美容整形に手を出す人が後を絶たない状況だったのです。

しかしヒト幹細胞化粧品は上記の現状を一気に改善し、美容商品で得られる効能の限界を大幅に引き上げたのです。

そしてヒト幹細胞化粧品は店頭や通販で買い求められる商品というのもポイントです。

大事な肌をしっかりケアするチャンスが、ヒト幹細胞化粧品の登場によっていつでもどなたでも得られるようになりました。

ヒト幹細胞化粧品のデメリット


ヒト幹細胞化粧品の最大のデメリットは明確な効果があるかどうかはっきりしない部分が多いということです。

確かに試験では美白や肌に対するケア効果が確認されていますし、理論的にも細胞が活性化することにより肌に良い効果が得られるとされています。

しかし、美容分野にヒト幹細胞が使われるようになったのはごく最近の事です。

確実に肌への効果があるという明確なデータを得るにはまだまだ研究が必要です。

そのため、検証事例があっても現時点では万人に効果があるとは言いきれません。

適切な基準で作られていないヒト幹細胞化粧品には副作用や安全性の心配も

日本製のヒト幹細胞化粧品の場合、信頼性のある販売業者に限りますが厳正な基準で検査されているため、副作用や安全性を考慮した作りになっていることが多いです。

しかし、一方海外には審査基準が日本とは違う関係もあって、副作用及び安全面での不安要素を持つ商品が少なからずあります。

そういった商品を使用すると、美容効果どころか肌にダメージを与えてしまう危険性があるので購入時には必ず成分や効能をチェックしましょう。

通常の化粧品より価格が高め

通常の化粧品より価格が高め
ヒト幹細胞化粧品は通常の化粧品と比べて価格が高めなのもデメリットと言えるでしょう。

お伝えしてきたように厳正な審査や技術ノウハウによって製品化されているため、1万円以上する商品が多く見られます。

その販売価格の高さから気軽に試せないという声もあり、リーズナブルな価格でヒト幹細胞化粧品が販売されるようになった時こそ、日本におけるヒト幹細胞美容ブームが起きる時かもしれませんね。

(引用元:女性向けキュレーションメディア「Belle」)