【シワに悩む人必見】「ヒト幹細胞エキス」って何?

年齢を重ねると気になるシワやたるみ。そのシワやたるみにアプローチするリンクルケアやエイジングケア成分として、今、注目されているのが「ヒト幹細胞エキス」です。一体どんな成分で、どんなパワーを秘めているのか、しっかりチェックしておきましょう!

ヒト幹細胞エキスは、最先端テクノロジーから誕生した注目成分!

ヒト幹細胞エキスは、最先端テクノロジーから誕生した注目成分!

「シワやたるみなどの気になるエイジングサインを何とかしたい!」と思った時に、取り入れたくなるのが最先端のテクノロジーを駆使したエイジングケアコスメ。最近は、さまざまなタイプのものがありますが、そのなかのひとつが「幹細胞コスメ」と呼ばれるものです。

さらに、この幹細胞コスメにも、複数のタイプが存在しています。これまで目にすることが多かったのは、植物由来の幹細胞エキスを配合したタイプや、肌の表皮や真皮に存在する幹細胞にアプローチすることを目指すタイプでした。が、ここにきて、「ヒト幹細胞エキス」を配合したタイプが次々と登場してきています。ヒト幹細胞エキス配合タイプは、幹細胞コスメのなかでも、今、注目度が高まってきているアイテムなのです。

そもそも幹細胞って一体何?

そもそも幹細胞って一体何?

ところで、幹細胞とはどのようなものなのでしょうか? 幹細胞コスメのことを知るために、まず、幹細胞について理解しておきましょう。

私たちの体は無数の細胞によって構成されています。健全な状態を保つためには、古くなった細胞を新しい細胞と入れ替えたり、ダメージを受けた部位を修復する必要があります。そのため、私たちの体では、常に細胞の再生や修復が繰り返されているのです。この時、活躍してくれるのが幹細胞です。

幹細胞は、自らと同じ細胞を分裂によって生み出す能力と、他の細胞に変化することができる能力という、2つの特徴的な能力を合わせ持った細胞です。この能力によって、状況に応じて必要とされる細胞を生み出すことができるのです。

最近、医療分野で注目されているiPS細胞も、この幹細胞の一種です。幹細胞は他の細胞に変化することができることから、病気やケガなどで損傷を受けた組織や細胞を治療する再生医療の実現のために、研究が盛んに行われています。

再生医療研究をエイジングケアに応用

再生医療研究をエイジングケアに応用

そんな最先端の再生医療研究を応用して生み出されたのが幹細胞コスメです。なかでも、ヒト幹細胞エキスをキー成分としたものは、肌になじみやすく、アレルギー反応を起こしにくいことから、美容業界だけでなく、エイジングケアにこだわる人たちの間でも、徐々に注目されるようになってきています。

ヒト幹細胞エキスは、ヒト(人)由来の幹細胞エキスです。そう言われると、人の幹細胞そのものが入っているような印象を与えてしまうかもしれませんが、そうではありません。

ヒト幹細胞エキスとは、ヒト幹細胞培養上清液のこと。つまり、配合されているのは、ヒト幹細胞を培養し、細胞を取り除いた後に残る培養液の上澄みです。

この培養液には、幹細胞が分泌した成長因子や酵素、コラーゲン、ヒアルロン酸などがたっぷり含まれています。特に、ターンオーバーを促してシミやくすみのないなめらかな肌へと導くEGF(上皮細胞成長因子)や、真皮の線維芽細胞に働きかけてハリや弾力をもたらすFGF(線維芽細胞成長因子)、ダメージを受けた細胞の修復やコラーゲンの合成を促進するPDGF(血小板由来成長因子)など、他の類を見ないほどの多数の成長因子を含有している点は大きな強み。肌本来の再生力にアプローチすることで、シワやたるみのない若々しい肌へと導くことが期待されています。

実際に学術発表された生理的活性効果としては、シワ改善・防止効果、美白効果、発毛・増毛効果、抗酸化作用などがあります。

(引用元:【VoCE(ヴォーチェ)】)