男性の混合肌スキンケア法

スキンケアってさまざまな要素が複雑に絡み合いすぎて、なかなかこれだって言い切るのが難しい分野である。

そこで肌の荒れやすい僕が、多くの失敗からある程度安定するまでに学んだ要素をできるだけ汎用的にモデル化してまとめてみる。

前提

前提

まずこの記事は基礎化粧品をどう選び、どう使うかにフォーカスする。

肌のコンディションを語るとき、個人的に以下の要素は欠かせない

・炭水化物(ご飯とか麺類、甘いもの)の摂取量を抑える
・7時間前後の睡眠時間(長すぎても短すぎても良くない)
・汗をかく有酸素運動
・人と会って楽しく話す
しかし、この記事ではこれらの要素を無視して、肌を整える一要素として基礎化粧品にフォーカスする。

基本的な方針

基本的な方針

まずは基本的なスキンケアの方針から。朝晩一日二回の洗顔をし、その後に化粧水と乳液をつけている。男としては丁寧な方だろう。

僕は皮脂の質が悪いっぽくて、目に入るとしみるし、皮脂が出た状態で放置すると肌が荒れるので1日2回の洗顔は必須だ。

とりあえず考えるべきことは、いかに水分と脂質の量を適切にコントロールするかだ。ここには3つの要素がある。

・自分の体質と食事による基礎的な保持、分泌量
・季節、空調で変動する湿度
・基礎化粧品による除去、補填

季節、自分の体調の変化を察知しつつ、洗顔と保湿で最高のバランスを実現できる組み合わせを探すことになる。自分にあうものを選ぶのはもちろん、空調には気を使い、季節により基礎化粧品は変えよう。

基礎化粧品の探し方

基礎化粧品の探し方

アットコスメを使おう。評価上位で予算に合うものを選べばいい。ここでのポイントは、レビュワーの肌タイプとレビュー内容を確認することだ。脂性肌の人が乾燥肌の人に保湿力を絶賛されているものを使えば、悲劇が待っている。

各アイテムを、さっぱり、しっとりの軸でどの位置にいるのかだけは確認してから試してみよう。

ここからは具体論に入る。メンズの混合肌の体験が前提だが、できるかぎり汎用的にしようとはしている。

洗顔料の選び方

洗顔料の選び方

洗顔料の役目は、皮脂と汚れを落とすことだ。ネットで泡立てて、こすらないように泡で優しく洗おう。

自分にベストの皮脂の落ち具合を見つけて欲しくて、表面の脂のとれ具合と、毛穴に詰まった汚れのとれ具合の二軸で考えるのがポイントだ。

高いものと安いもの

高いものと安いもの

洗顔料は、数百円ものから4000円くらいのものまで使った。基本的に安いものは、表面の脂がとれすぎてつっぱる代わりに毛穴もそこそこすっきりするか、皮脂を残しつつ毛穴の汚れも残してザラザラになるかだ。

一方高いものは、毛穴をすっきりさせつつ、程度は違えど表面の脂を程よく落としてくれる。泡をのせる時間でさっぱり具合は多少コントロールできるのだが、高いものはさっぱり系を長時間乗せてもつっぱらない

使用方法によるコントロール

用方法によるコントロール

四季と朝晩での使い分けを考えよう。湿度の高い夏場、汚れのたまる夜は比較的さっぱり目のものを使い、乾燥する冬、ほぼ自分の皮脂で紫外線も浴びていない朝はしっとり目のものを使うといいだろう。

また毎日同じものを使う必要はなく、基本しっとりめのものを使い、週1で洗浄力強めのものでさっぱりするという方針もありだと思う。

また前述のように、泡を乗せる時間でも多少コントロール可能だ、特に安くて洗浄力が強いものを使う際は長時間乗せないよう気をつけよう。脂性肌だからといって皮脂をとりすぎ、さらに皮脂分泌を増やしてしまうケースは多いのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です