男性の肌の保湿のやり方と効果を解説!おすすめはオールインワン!

スキンケアのやり方がよく分からない」と思ってませんか?

この記事では、男性におすすめな保湿のやり方と効果を解説します。

さらに、男性におすすめなスキンケア方法もこの記事を読めば分かりますよ!

男性の肌を保湿する効果

男性の肌を保湿する効果

通常でしたら洗顔のあとは何もしなくてもバランスの良い皮膚の状態になります。

身体本来の新陳代謝が活発なら、洗顔のあとは何もしなくてもバランスの良い皮膚状態になったりするのですが、おやじ世代の場合は洗顔後でも正常なバランスにならないことが多々あります。

理由は新陳代謝が鈍くなっているからです。

さらに肌にはターンオーバーをいうものがあります。ターンオーバーとは簡単に説明すると「肌の生まれ変わり」のことです。

若い頃はターンオーバーが活発なので、自力で肌の生まれ変わりを行います。

理想的なのは28日周期と言われていますが、おやじ世代になるとターンオーバーは完全に乱れてます。

もう自力ではどうしようもないほど身体はポンコツになっているのです。

なので、ポンコツになってきた身体をしっかりとケアしてあげましょうというのが、メンズに保湿が必要な理由になります。

そして自分の身体がポンコツになってきたと感じている男性ほど、メンズの保湿の効果を実感できるはずです。

メンズの保湿のやり方

メンズの保湿のやり方

  • 洗顔
  • 化粧水
  • 乳液

他にもクリームなどがありますが、まずはこの3つだけで問題ないです。

洗顔

洗顔

おそらく洗顔に関しては誰もが毎日行っているかと思いますが、ボディソープや石鹸を使って顔を洗うのが洗顔になります。

洗顔の役割は「泡」で顔の汚れや余分な皮脂を洗い流すことです。

大事なことなのでもう一度言います。「泡」で顔の汚れや余分な皮脂を洗い流す

意外と知られていなのですが、洗顔は「泡」で洗い流すんです。

ゴシゴシと掌で顔をこすると余計な摩擦が発生し肌への刺激や負担が強くなってしまうので、洗顔料をよく泡立て、泡で顔をこするようなイメージで顔の汚れや余分な皮脂を落とします。

泡立てるコツとしては100円ショップなどにある泡立てネットが非常に便利です。

化粧水(潤いを与える)

化粧水(潤いを与える)

次に化粧水ですが、化粧水の役割は洗顔の際に汚れと一緒に奪われた「潤い」を与えるのが目的です。

「潤い」が不足した状態だと乾燥の原因となります。

実はこの「潤い」が肌には非常に重要となり、メンズの保湿は「潤いを与える」ことが全てと言っても過言ではありません。

化粧水で「潤い」を与えることで、皮脂と水分のバランスを調整します。

乳液(潤いをキープ)

乳液(潤いをキープ)

最後は乳液ですが、乳液は化粧水で与えた「潤い」をキープ(保湿)するのが目的になります。

クリームは乳液よりも油分が多く、顔にオイル皮膜を張ることで外的刺激から肌を守るという役割がありますが、基本は洗顔、化粧水、乳液の3つで問題ありません。

オールインワンがおすすめの理由

オールインワンがおすすめの理由

メンズの保湿のやり方は、洗顔、化粧水、乳液の3つとなりますが、これまで保湿に全く興味がなかった男性からすると面倒くさい!!そう思ったりします。

化粧水や乳液が大事と言っても、一番大事なことは継続!!

結局、継続しないと全く意味がありません。

だだでさえ男性は変化を嫌う傾向があり、重い腰を上げて変化に挑戦してみようと思っても、それが面倒くさいことなら一気に気持ちが萎えます。

私も男なのでこの気持は良くわかります。

オールインワンがおすすめの理由

そこで、そんな変化を嫌う面倒くさがりな男性におすすめなのがオールインワン!!

オールインワンとは化粧水と乳液が1つになったものです。

洗顔のあとに化粧水と乳液の2つを行うのは結構面倒で、しかもそれを毎日となると余計に面倒。

だけど洗顔のあとにオールインワンだけの1つだけなら苦にならなかったりします。

ちょっとしたことですが、意外とこの1つか2つかは大きかったりします。

さらに男性は気に入ったものはずっと使い続ける傾向があるので、最初にオールインワンを1本決めればあとはずっと同じもの買い続けて使い続けるだけ。

そういった意味でも男性の保湿にはオールインワンをおすすめします。

引用元:https://oyajikaikaku.com/otokohosituyarikata/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です